アパート経営の現実を斬る

自主管理は大変な面もある

アパート経営をする際に、物件の管理をすべて自分で行う自主管理という方法がありますが、この方法は入居者の募集業務以外はすべて自分で行うこととなり、空室があった場合には賃料収入がその分減ってしまうというデメリットがあります。しかしながら自主管理では管理会社に任せる必要がないため余計なコストがかからず、アパート経営を専業としている場合には一番気軽に出来る方法です。アパート経営のためにアパートを購入した方は自分で出来そうなら自主管理を行うのも良いでしょう。賃料については口座引落にしてしまえばいちいち集金する必要もないので手間を省けます。アパート経営を低コストで行いたいかたは自主管理を選択肢に入れましょう。

パート一括借り上げなら空室対策が出来る

保有しているアパートをすべて業者側に貸してしまう一括借り上げという方法を使うことで、安定した賃料収入を見込むことが出来ます。一括借り上げの場合には、オーナー側に入ってくるのは賃料収入ですが、空室があっても入ってくるので空室対策にもなります。物件管理は業者側がすべてを行うこととなり入居者の審査から賃料の徴収までをすべて代行してもらえます。とにかく損をしたくないというオーナーの方や安定性を求める方にとっては適している方法です。アパート経営は管理会社に業務委託するか、あるいはその業務を自分でやるかによって大きく収入も変わってきますから、これからアパート経営に乗り出す予定がある方は、自分にあった方法を選択しましょう。

© Copyright Important Gathering. All Rights Reserved.