高齢化社会に向けてのアパート経営

高齢化率はこれからも上昇していきます

高齢化社会と言われて久しいですが、近年の統計によると65歳以上の方が全人口に占める割合は25%ほどになっています。この割合はこれからも増え続け、2040年頃には40%近くになると言われています。現在の賃貸住宅は、高齢者の方が借りられない物件が多くあります。高齢者自身に十分な収入が無いことや、病死のリスクが高いなどの理由で物件オーナーが貸したがらないからです。
しかし高齢者の市場は広がっていきますので、高齢者に貸さないアパート経営は難しくなるでしょう。むしろどのようにして高齢者の需要を勝ち取るかがテーマになる時代がやってきます。一人暮らし世帯の増加は高齢者にもあてはまるようになり、ワンルームマンションに一人で住む構図が当たり前になるでしょう。

高齢者に向けたサービスがアパート経営のカギ

最近は高齢者向けのサービスを展開しているマンションが増えてきました。まだ老人ホームには入りたくないという方のための介護サービス付きマンションや、孤独死を防ぐための呼び出しシステムが標準装備されたマンションなど、高齢者ならではの要望を叶えることがトレンドになっています。安心して住めることはそれだけで価値があるもので、初期投資に費用はかかりますが物件に付加価値を付けることができ、不動産の収益力を高めます。
地方都市の高齢化率は特に高く、現在でも30%を超える自治体が数多くあります。既に市場の中で大きな存在になっています。入居者の確保のためには高齢者に支持されることが欠かせないものになっていくでしょう。

© Copyright Important Gathering. All Rights Reserved.